開催趣旨

本成果報告会は、2011年の東電福島第一原子力発電所の事故後の2013年に設立された福島大学環境放射能研究所の研究成果について、学外(地域の方や放射能研究の専門家等)へ向けて報告し、参加者との意見交換を通して研究成果が地域還元され、今後の研究発展につながるよう開催するものです。また、ポスター発表では、他研究機関からの環境放射能研究に関する成果発表も行われ、研究の活性化を図るための情報交換の場となることを期待しています。3月18日(木)午前に専門家向けポスター発表(一般も参加可)、午後に一般向けシンポジウムを行います。

概要

1.日時 2021年3月18日(木)
10:00~15:00 ポスター発表(コアタイム / 10:00~12:00)
13:00~16:30 シンポジウム
2.会場 コラッセふくしま 4階多目的ホール・3階企画展示室
シンポジウムはオンライン参加も可能

昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大状況を考慮し、
第7回成果報告会は「完全オンライン開催」とします。
3.対象者 一般市民、行政・研究機関等関係者
4.言語 ポスター発表:英語または日本語(発表者による)
シンポジウム:日本語(英語の場合は逐次通訳あり)
5.費用 参加費無料
6.申込締切 研究発表者:2021年1月25日(月)
一般参加者:2021年3月11日(木)
会場の都合により、定員に達し次第、参加申込みを締め切る場合があります。
7.主催・後援
主催: 福島大学環境放射能研究所、福島大学
後援: 福島県、筑波大学、広島大学、長崎大学、東京海洋大学、福島県立医科大学、
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構

一般向けシンポジウムテーマ

「チェルノブイリから学ぶ福島の環境」

Overview

This meeting is organized by Institute of Environmental Radioactivity (IER), Fukushima University, which was established following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident occurred in 2011. In this meeting, we aim to share our research achievements with local residents and experts in the field of environmental radioactivity, in order to give our learnings back to the local community and promote further research development. In the poster session, researchers from other organizations will also present their research results, which will contribute to active communications among researchers.
The meeting scheduled on Thursday, March 18, 2021 consists of two parts; a poster session for experts (general pubric can also join) in the morning and a symposium session for general pubric in the afternoon.

Outline

1. Date & Time Thursday, March 18, 2021,
10:00~15:00 Poster session (Core time / 10:00~12:00),
13:00~16:30 Symposium
2. Venue Conference Hall (4F) and Exhibition Room (3F), CORASSE Fukushima
*Symposium is also available online.

The 7th annual symposium will be held ONLINE ONLY due to the spreading of COVID-19.
3. Audience General public, government officials and researchers.
4. Language Poster session:English / Japanese (depends on presenters)
Symposium session:Japanese
5. Fee Free of charge
6. Registration For presenters : Monday , January 25 , 2021
For attendees : Thursday , March 11 , 2021
*Registration may be possibly closed if the number of applicants reaches the capacity of the venue.
7. Sponsors Organized by Institute of Enviromental Radioactivity at Fukushima University (IER), Fukushima University.
Endorsed by Fukushima Prefecture, University of Tsukuba, Hiroshima University, Nagasaki University,
Tokyo University of Marine Science and Technology, Fukushima Medical University,
National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology.

Theme of the Symposium for public

“Fukushima Environment from Chornobyl Perspective”

10:00-12:00 ポスター発表 / Poster session (Language:English or Japanese / 言語:英または日)

詳細を見る

13:00-16:30 シンポジウム / Symposium 「チェルノブイリから学ぶ福島の環境」 (Language:Japanese / 言語:日本語)

13:00-13:05 開会挨拶 三浦 浩喜
(福島大学 学長)
13:05-13:10 概要説明 難波 謙二
(福島大学環境放射能研究所 所長/
 福島大学共生システム理工学類 教授)
13:10-13:35 チェルノブイリと福島との環境放射能分野の共同研究
13:35-14:00 チェルノブイリ周辺地域における小児甲状腺がんの特徴、
および福島との相違について
高村 昇
(福島大学環境放射能研究所 副所長/長崎大学 教授)
14:00-14:35 福島とチェルノブイリ:土と水の中の放射性セシウムの動き、似ていることと違うこと アレクセイ コノプリョフ
(福島大学環境放射能研究所 副所長/特任教授)
14:35-14:45 休憩
14:45-15:20 チェルノブイリと福島の森林:放射性セシウムの循環移動 ヴァシル ヨシェンコ
(福島大学環境放射能研究所 教授)
15:20-15:40 チェルノブイリと福島における河川網を介した
放射性物質の動態
五十嵐 康記
(福島大学環境放射能研究所 特任助教)
15:40-16:00 チェルノブイリと福島第一原発事故後の海洋環境中の
放射性セシウム濃度の変遷
高田 兵衛
(福島大学環境放射能研究所 特任准教授)
16:00-16:25 総合討論 ファシリテーター/和田 敏裕
(福島大学環境放射能研究所 准教授)
16:25-16:30 閉会挨拶 アレクセイ コノプリョフ
(福島大学環境放射能研究所 副所長/特任教授)

要旨集はこちら