第6回福島大学環境放射能研究所成果報告会

開催概要Outline

ホーム > 開催概要

開催趣旨

本成果報告会は、2011年の東電福島第一原子力発電所の事故後の2013年に設立された福島大学環境放射能研究所の研究成果について、学外(地域の方や放射能研究の専門家等)へ向けて報告し、参加者との意見交換を通して研究成果が地域還元され、今後の研究発展につながるよう開催するものです。また、同時に他研究機関からの環境放射能研究に関する成果を一堂に会し、研究の活性化を図るための交流も行います。専門家による発表は10日午後に英語のみの口頭発表と、11日午前にポスター発表(いずれも一般参加可)、11日午後は一般向けシンポジウムを行います。今年度は、放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点(ERAN)の年次報告会が同日同会場の別フロアにて開催予定です。より多くの研究者間の交流が期待されます。

概要

1.日時 令和2年3月10日(火)13:00~17:00(口頭発表)
令和2年3月11日(水) 9:00~16:30(ポスター発表/一般向けシンポジウム)
両日とも中止となりました。
2.会場 コラッセふくしま 4階多目的ホール・3階企画展示室
3.対象者 一般市民、行政・研究機関等関係者
4.言語 口頭発表:英語
ポスター発表:英または日
シンポジウム:日本語
5.費用 参加費無料
6.申込締切 研究発表者:1月24日(金)
一般参加者:3月9日(月) 当日参加可
7.主催・後援
主催: 福島大学、環境放射能研究所
後援: 福島県、筑波大学、広島大学、長崎大学、東京海洋大学、福島県立医科大学、
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子医学・医療部門 放射線医学総合研究所

一般向けシンポジウムテーマ

チェルノブイリから学ぶ福島の環境

Overview

This meeting has been organized to report the research activities by the Institute of Environmental Radioactivity (IER) at Fukushima University, which was established following the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident in 2011. We share our achievements with local residents to assist the people of Fukushima Prefecture, as well as to contribute to a broader research development with experts in the field of environmental radioactivity. Oral session by experts in English on the 10th afternoon, poster session on the 11th morning, and Symposium for public in Japanese on the 11th afternoon are to be held. In this year, the annual report meeting of Environmental Radioactivity Research Network Center (ERAN) is scheduled to be held on a different floor of the same venue on the same day.

Outline

1. Date & Time Tuesday, March 10, 2019, 13:00~17:00 (Oral session)
Wednesday, March 11, 2019, 9:00~16:30 (Poster session, Symposium)
2. Venue Hall (4F) and Exhibition room (3F), CORASSE Fukushima
3. Target Government officers, researchers, general public
4.Language Oral session:English
Poster session:English / Japanese
Symposium session:Japanese
4. Fee Free of charge
5. Registration For presenters : Before January 24 , 2020
For attendees : Before March 9 , 2020 / On-site registration will be available.
6. Sponsors Sponsored by Fukushima University, Institute of Environmental Radioactivity
Endorsed by Fukushima Prefecture, University of Tsukuba, Hiroshima University, Nagasaki University,
Tokyo University of Marine Science and Technology, Fukushima Medical University,
National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology National Institute of Radiological Sciences.

Theme of Symposium for public

Fukushima Environment for Chernobyl Perspective.